~楽しく断酒 もっと豊かな人生を~
あなたのノンアル生活を応援します
断酒と自分のこと

断酒の方法についての質問への回答

断酒も既に5ヶ月目に入っています(^^♪

「どうやって断酒してるの?」
「辛さを無くしながら断酒する方法があれば教えてください。」

このような質問を受けることが、最近増えてきました(^_^)/
私もたったの5ヶ月目に入っているだけの断酒歴の身ですから、あまり偉そうなアドバイスも出来ないのですが、断酒を始めた直後のことを思い出しながらちょっと考えてみました。

一生断酒を決意してからのスタートではなかった

こうして改めて思い起こしてみると、飲酒していた頃の自分が本当に遠い昔のように感じます(^.^)
細かい部分の状況や気持ちまで、なかなか思い出せないところまできているのが正直な実感です。

私の記憶力が悪いのか、それとも前向きな人生を歩んでいるからなのか・・・(^_^)/

だんだんと過去の記憶が薄くなってしまっているなか、必死で当時のことを思い出してみました(^-^;
そして、改めて断言しておいたほうが良いかなと思ったことがこのことです。

私の場合は、「今日から自分の生涯、断酒で通すぞ!」と決意してからのスタートではなかったのです。

むしろ、
2週間ほど止めてみて自分がどうなるのかちょっと試してみようかな~」
といった軽~い気持ちからスタートしたのです。

今思えば、自分は運が良かったですね。

当時の私であれば、
「一生断酒するぞ!」
と決意してから断酒に入ることは出来なかったと思っています。

「もしダメだったら、また飲み始めればいいや」
といった逃げ道も自分の中でつくっていたのです(^-^;

だから、取り合えずスタートすることができました。
行動することが出来たのです。

取り合えず酒無し生活を始めたところ・・・

初日から早速、空虚感に襲われたことを思い出します(^-^;

「お酒の無い人生って、こんなにも楽しみのないことなのか・・・」
と感じている自分がいるのです。

特に仕事終わりに近づく時間帯はそのような気持ちに強く襲われました。

そんな気持ちに襲われてしまう自分を認識しながら、思ったのです。

「自分では気付かなかったけど、かなりアルコールに依存しているんだな。」
このように強く感じました。

アルコール中毒にかかっている方は、ほぼ例外なく
「自分はそうではない。」
と言われるらしいです。

私もそう思っていました。

初日からこんな症状になってはいても、アル中とまではいかない。
アル中になると仕事にも支障を来たすようになるはずだから。自分はアル中ではない。

そのように感じながら、酒無しによって引き起こされた消沈した気持ちと戦っていたのです(^-^;

今週だけ我慢してみよう

初日から早速襲われた離脱の症状に軽いショックを受けた私は、
「せめて今週くらいは我慢しよう。」
と決意します。

1週間止めてみて、
「自分はアルコール中毒ではない!」
と自分のなかで証明したかったからです(笑)

その1週間の期間。
予想に難くないですが、強い空虚感に襲われましたね(^-^;
軽い不眠の症状もありました。

それもそのはず。禁酒後の最初の1~2週間は、キツイ期間だったからです。

断酒後の離脱症状の段階について今日は、断酒されている方々が1年を通して経過すると言われている心の動きについてお話してみたいと思います。 断酒後の5つの段階 必ずし...

仕事から帰ってきても、あっという間に夕食の時間も終わってしまいます。
お酒飲まないから当たり前ですね(^_^;)

その後も頭がしっかりしたままで、
「どうやって寝るまでの時間を過ごそうかな。」
と途方に暮れたというと大げさですが、それに近い気持ちになってました(^-^;

幸い仕事では忙しい時期でしたので、疲れもあり眠りにつきやすかったことが救いでした。

そして、嬉しい発見は翌朝のスッキリ感でした。
このことについては過去の記事でもたくさん書いてきましたので、是非読んでみて下さい!
30
記事以上はあると思います。『朝』で検索かけると出てきますよ(^_^)/

スポンサーリンク



断酒についての情報を求め続けた

1週間止めることが出来た自分は、もう1週間止めてみようと決めることにしました。


最初の土日はお酒の無い初めての休日でしたから、それはそれは心にぽっかりと大きな穴が空いてしまってました(^-^;

そんな中で、「このまま断酒を続けたら、どうなるのかな~」「自分に出来るかなぁ~」といった気持ちが少し生まれてきます。

辛い時間になると、断酒されている先輩方のブログ等を拝見させて頂きました。

たとえ誰がスリップしようとも・・・10年以上断酒生活をされている方でも、スリップしてしまう方もいる。そんな話を聞いても、動揺するなかれ。...

うして、辛いだけだった禁酒生活の中で断酒生活の大きなメリットについての情報を得ることが出来るようになってきたのです。

断酒によって、自分の時間が増えること。
二日酔いが無くなり、朝から仕事へのスタートダッシュが出来ること。
健康な体を取り戻せること。
お財布の中身も豊かになること。
人生好転すること(^.^)!

このような情報を入れることによって、それまで自分の深い部分でうっすらと感じていたことが再び鮮明になってきたのです。

断酒に踏み切った理由をもう一度考えてみた私が断酒へ踏み切った理由 いよいよ明日になれば、私も断酒歴2ヶ月となります。 私と同じ時期に断酒されている方も、引き続き楽しんでいき...
断酒を始める直前の時期の心境を語る断酒を始める直前の自分はお酒を楽しむことが出来なくなっていた。...

断酒の決意は1ヶ月後に

そのような日々を過ごしながら、2週間が経過したころには飲酒の離脱症状もかなり和らいできていることに気付きます。

もちろん、暑い季節でしたし休日には冷たいビールが恋しくなりました。
飲酒欲求も、もちろんありました。

それでも、人生の好転と変化を望む気持ちの方が私の場合は強かったと今は言えます。

ここで、再び飲酒したらまたあの頃に戻ってしまう・・・。そんなの嫌だ!
といった強い気持ちを感じました。

「よし!断酒を決意しよう。」

8月に入った時でした。

今は自分の人生の変化の真っただ中にいる

最初から一生断酒する決意で始めなかったことが、自分にとっては良かったと思います。
もちろん結果論かもしれませんが(^_^;)

「本当に無理だったら、飲んでもいいかな。」
といった軽い気持ちでスタートしたからこそ最初の行動が出来たからです。

思うだけであることと、行動へ移すことは全くの別次元のことです。
行動こそが、価値のあることだと今の私は断言できます。

あまり無責任なことは言えませんが、
「本当に辛くなったら、また飲もう。」
くらいの気持ちで断酒を始めるのもいいかもしれませんよ。

まずは行動してみることです。

その時は、出来れば1年はストップして欲しいですね。
そして、断酒のメリットについての情報を入れ続けて欲しいです。
もちろん私のブログからでも、多くの情報を仕入れることは出来ると思いますので(^_^)/

断酒生活5ヶ月目に入った今、私の人生は今変化の真っただ中にいる気持ちです。
まだ、何の結果も出せていませんがそこはリアルタイムにお伝えしていきますね!

大きな変化を起こそうとして始めた訳ではなかった

これまで書いてきたように、全てを想定したあとで「よし、始めるぞ!」といった感じではありませんでした。

取り合えず、禁酒しながら情報を入れて「自分の人生変えたいなぁ~」といった気持ちと繋がって断酒生活に入っているといったところでしょうか。

少しの間お酒を止めてみようといった軽い気持ちからのスタートでしたが、そんな小さな始まりが4ヶ月経過してみると日々の生活に大きな変化をもたらしているのです。

おそらくこの先、もっと大きな変化が現れてくると信じています。
そんな日々の生活が今はとても楽しく、ワクワクしています。

断酒に苦労を感じているあなた、今日の記事から何か参考になることがありましたら私もうれしいです。

ノンアル生活、一緒に楽しんでいきましょうね(^.^)/~~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です