~楽しく断酒 もっと豊かな人生を~
あなたのノンアル生活を応援します
断酒が辛いとき

断酒したての方からの切実な声

11月に入り、気持ちのい~い秋の季節を愛犬と満喫出来る休日を楽しみに働いています(^^♪
相変わらず、頭の重さは感じていることが多いのですが、気にしない気にしない!(^^)!

張りつめ過ぎず、ゆるめ過ぎず

飲酒欲求からは、かなり解放されてはいるもののやはり『壁期』ってあるのだなぁと実感している今日この頃です。

四六時中というわけでもないのですが、頭が働かず眠気に襲われるような感覚が・・・
追い打ちをかけるように、仕事上でのクレーム処理の方も続いており・・(*_*;

まぁ、でも何度も書いてきているように必ず終わりの来る症状ですから今は全く気にしていません。

今できることを全力でやりながら、台風が過ぎ去るのをじっと待つような心境でしょうか(^_^;)

そんな『壁期』を過ごしている私ですが、断酒してまだ間もない方々から切実なメッセージを時々頂くようになりました。

「辛くて辛くて、仕方がないです。」
「とても落ち着かない。汗が出て、よく眠れません。」

もうなんだか遠い昔のように感じてしまうのですが、わかりますよ。
とてもよくわかります。

断酒したての頃は、お酒と対峙して真正面から真剣勝負しないといけない時もありますよね。

そんなあなたに、何かアドバイスをしてあげられるとしたら・・・

あまり張りつめ過ぎず、かといって緩め過ぎず自然体で過ごすことを意識してみて欲しいと思うのです。

張りつめ過ぎると折れてしまう

辛い時期だからといっても、それは100%確実に過ぎ去っていくものです。
楽しくて、幸せを感じる時も平等にあなたに訪れてきます。

大切なのは、この辛い時期をどのような心境で過ごすのかということです。

一時的なことであることは、あなたもわかっているはずです。
だから、強敵と向かい合っているような緊張感で向かい合う必要はないのです。

YouTubeでも何でも結構ですから、断酒してどれだけ生活が楽になっているかを知る術は今の時代いくらでもあります。

もちろん、このブログもね!(^^)!

辛いという意識をそらして、
「自分がさなぎから蝶へ変わる為の必要な時期なんだ。」
と考えて過ごすことです。

ある意味、リラックスして力を抜いてみることですね。

例えば、屏風(びょうぶ)を想像してみて下さい。
折れ曲がって、和室に立ってあるあれです。時代劇なんかで出てくるやつです(^.^)

綺麗な絵が描かれてあるあの屏風ですが、折れてなければ立てかけることは出来ませんよね?

絵の全てを見せようと、ピーンと全部伸ばしてしまうと倒れてしまいます。

少し折れることによって絵の見える具合は8割程度になったとしても、そのおかげで和室の趣(おもむき)を増すことができますよね(^.^)

それと同じです。

この辛さと正面から戦うぞとばかりに、張りつめ過ぎないことです。
少し折らせて、余白を残して意識を違う方向へ向けていくことによって、倒れることを防げるのです。

ゆるめ過ぎずに余白の部分を確保する

でも、全て折ってしまうのも良くないです(^_^;)

倒れちゃいますから。

「もう耐えられなぁい。飲んじゃえ。」
とならないように、ある程度の緊張感は持っていて下さいね。

緊張感を認めながら、余白を残して少しの精神的な余裕を持たせるような心境を目指してみるのです。

何言ってるか、わかりにくい表現になってしまってますね(*_*;

またまた例えを出しますが、長い橋を想像してみて下さい。

一人が歩くだけの幅であれば、50㎝程度あれば十分ですよね。
でも、橋の幅が50㎝しかなければおそらく恐怖でその橋を渡ることは難しいはずです。

やはり、歩くことに必要のないスペースであっても安心して渡る為には余裕をもった広さが必要であるということです。

余白の部分が実は大切な働きをしているのです。

あなたが、今お酒を頑張って断とうとしているこの大切な時間。

それは、必ずあなたの人生にこの余白の部分を産み出してくれるものであると私は思います。

何の役に立つのか?
と直接はわからないものであっても、実はとても大切な余白なのです。

辛いのは、今だけです。
時間が経過すれば私と同じように、辛い時期を懐かしいと感じる時は必ずが来ます。
それは、この時期を耐えたあなたにだけ訪れる時です。

大丈夫ですよ(^_^)/~

スポンサーリンク



受験生のお子様がいるあなたへ

余談ですが、私の娘は今年受験生です。

勉強嫌いで、親の方がイライラしてしまうくらい、の~んびりしています(*_*;

「勉強しないと、本当に後悔するよ。」
そう言うと、

「だって、数学や理科の内容なんて実際の生活に必要ないもん。」
なんてことを言ってきます。

そんな時、この余白の話をしてみて下さい(^^)/

きっと効果てきめんですから!

何を言おう、今日の夕食時にこんな状況になったのです。
「なんの役にも立たないから!」

と娘が言ってきたので、
「あのね、人のあるく幅はね・・・・」
とお伝え致しました。

それを聞いていた娘は、言葉には出さなかったものの
「なるほど・・・、パパってもしかして偉いの??」
みたいな表情をしてました(‘ω’)ノ

自意識過剰ですかね(^_^;)

お酒やめて良かったです。

まとめ

辛い時は屏風を思い出す
辛い時は橋のことを考えてみる
極端な方向ではなく、中の道を意識する
一見役に立たないようなことでも、余白の部分はとても大切
余白の部分が、隠し味となりあなたの魅力の秘密となってくれる(^^)/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です