~楽しく断酒 もっと豊かな人生を~
あなたのノンアル生活を応援します
断酒が辛いとき

正しい努力の法則が断酒にも当てはまる

スポンサーリンク



出張先でのお客様との夕食。
そこに同席していた、お酒好きの上司。

毎日欠かさず飲まれている方ですが、お酒が進み滑舌が悪くなっていることに気付きました。
習慣の力は断酒の習慣と同じく時間が経つほどに効いてくる

少なくとも私の認識では、このような事は以前にはなかったことです。
もちろん、滑舌が悪いと言っても聞き取れないような言葉ではありません。
普通に聞き取れる言葉ではありましたが、その方からは想像できなかった姿だったのです。

その時に私が考えたことは、『変化』についてでした。

『変化』は突然、表れる。途中経過を認識することは難しい。
しかし、水面下で長い時間をかけて確実に進行している。

そんな印象を受けました。
お酒が進んで、呂律のまわりが遅くなる。

そんな小さな変化ではありますが、その小さな変化こそ見逃すべきではないポイントなのです。

人生好転の為の習慣を身に付ける為に

そのような小さな変化が表面化した時、長い習慣によって築かれてきた結果が一気に表れてくる時もまた近付いていると考えるべきです。

ポジティブである私は、その法則を前向きに考えて利用したいと思います(^.^)

結果の出ない日々を過すことは辛いものです。
でも確実に、水面下で変化は進んでいる。
だからひたすら、良い習慣を継続していく。

ここで言う、『良い習慣』とは『努力』という言葉にも置き換えられます。

お酒をしっかりとコントロールして、毎日飲み続けていた上司でも時間の経過と共に少しずつですがコントロールされる側にまわっているかもしれないのです。

あの、呂律の小さな変化がそれを教えてくれているのかもしれません。

同じく良い習慣を続けることによって、ある日突然その努力の結果が表れてくれる瞬間がやって来るのです。

確実に。

二つの習慣の違いとは

飲酒による習慣も、努力による習慣も同じくその影響が表面化する時がやってくる。
ただ、これら二つの習慣には明らかに違いがあります。

一つは、継続することに日々の苦労を感じないこと。(飲酒)
そしてもう一つは、継続することにある程度の苦痛を感じてしまうことです。(努力)

もちろん、お酒が体質的に飲めない方にとっては別のお話ですよ。
お酒好きの方にとって、毎日飲酒することに苦痛を感じることは無いはずです。

一方、努力についてはどうでしょうか。
何か資格試験を目指していたり、減量する目標を立てて努力する日々。
こちらの方は、サボろうと思えば簡単にさぼれます。

毎日継続することは、簡単ではない。

決定的な違いが両者にはあるのです。

スポンサーリンク



断酒という習慣

『断酒』という習慣、お酒を飲まない習慣についてはどうでしょうか。
これは、どちらの種類の習慣なのでしょうか。

断酒して2~3ヶ月の私のブログ記事。
あまり辛いことは書いてはいませんが、お酒の意識はかなり頭に残っている時期ではありました。

言うまでもなく、最初の2週間はお酒の誘惑との戦いでしたね(^-^;

ただ、4ヶ月、5ヶ月・・・・9ヶ月目に入っている今、飲まない生活が楽になりそれが楽しくなっているのです。

もう、飲酒していた頃には戻ることが出来ない自分になりつつあるのです(^.^)

出来るだけ、公平に表現しなきゃいけませんね。
お酒を飲みたくないとは言いません。

70歳~80歳位の年齢に達した時、人生残り少なくなったと感じた時に自分がどう感じるかは今の時点ではわからないです。

節酒の誘惑が、断酒している理由をよりクリアにしてくれる お酒を止めると、自分自身を深く見つめる時間が増えてくる。 このことは、過去の記事でも何度か述べています。 最近は、自分が...

 

ただ少なくとも現時点から数十年先の未来においては、お酒で自分の時間を消費したくないと強く思っています。

今では、ノンアル生活に苦痛を感じることは無くなっているのです。
苦痛どころか、その逆。楽しくて豊かなのです(^^♪

種類の違う習慣に起こる逆転現象

こうして考えていくと、面白い変化が途中で起こることに気付きます。

継続することに、苦痛を感じない習慣。(飲酒など)
継続することが、難しい習慣。(努力・トレーニングなど)

最初は苦痛を感じることなく、継続出来る習慣であってもある時点からそれが難しくなるポイントがある。

そして、最初は続けることが苦痛に感じていた習慣であっても、ある時点から楽しみに変わるポイントがある。

そのような、逆転現象が起こるポイントがあるということに気付きます。

お酒が好きな方にとって、毎日飲むことは苦痛ではないでしょう。でもそれを何十年と続けることによって体に異変を感じた時、継続していくことは難しくなります。

自らの健康の危機や堕落をはっきりと示されることになるからです。

一方、努力やトレーニング。
最初は苦しくても、継続していくことによってどんどん楽になる
そしてやがては、あなたにとって無くてはならない習慣になる時がやって来ます。

継続していくことそのものが、当たり前になり楽しくなってくるのです。

スポンサーリンク



努力が楽しくなるという最強の境地

外目からは一見、退屈で苦痛な修行のように見える習慣であっても、当人にとっては楽しくて大切な習慣となっている。

『努力が楽しい。』
これは、一つの境地だと思います。

私が理想とする、ライフスタイルの一つです。
限られた少数の天才だけに与えられた特権ではありません。

開始した当初は辛くて苦しい作業であっても、そこで
「自分には出来ない。向いていない。」
と判断してしまうのは早計なのです。

継続していくことによって、必ず逆転する現象が起こって来るのですから。
丁度、私たちが今現在実践しているノンアルライフだってそうです。

このブログを読まれている方は、病院に通い、退院されて断酒を継続されている方もおられるみたいです。

こうして断酒されている日々が苦痛ですか?
もしそう感じられるのであれば、安心して下さい。
絶対に、この習慣が楽になるターニングポイントはやって来ます。

そして、『努力が楽しい』と感じる日々を過せるようになります。

そう感じることが出来る時、あなたの人生は既に好転しているはずです。
最強の境地に足を踏み入れているからです。

まとめ

習慣にも2つの種類がある
継続に苦痛を感じない習慣と、継続が難しい習慣
ただし、この2つの異なる習慣にも逆転現象が起こる
断酒の習慣も楽しみに変換する瞬間がやって来る
『努力が楽しい』最強の境地を味わいたい

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です