~楽しく断酒 もっと豊かな人生を~
あなたのノンアル生活を応援します
断酒と愛

断酒している方へ、アルコール入りの食材に迷われていますか?

まさかの娘からのチョコレート

14日の金曜日に出張先から福岡の自宅へ戻った日。
娘から渡されたのは、チョコレートでした(^^♪

どこかで購入していてくれていたみたいです。

まったく期待はしていなかったので、びっくり嬉しさを押し殺しながら
「あっ、ありがとう。」
そう言って炭酸水をゴクリと飲み、ソファーで疲れを癒していました。

「何か、欲しい物でもあるのかな・・・」
といった勘ぐりも思わずしそうになりましたが、そこはグッと抑え込み…(^-^;

最近は甘いものも好むようになってきているので、喜んで箱を開けてみると・・・

今の私には通用しないこの試し

「おッと、危ない危ない。」
お酒入りのチョコレートが入っていたのです。

全てではなく、一部のチョコだけですが日本酒の入ったチョコが・・・

「あっ、これお酒入り!どうする?大丈夫?」
購入時には娘も気付かなかったらしいのです。

妻が口にしてみると、鼻からアルコールの香りが伝わってきてすぐに認識できる味であるとのこと。

今の私にはこんな状況でも、もう迷いはありません。

「アルコール入りのチョコは、あげるよ。それ以外の分を食べるね。」
きっぱりと返答出来ました(^.^)

断酒から得られた二つのマインド度々やって来る飲酒欲求に 断酒7ヶ月も経過した今の私ですから、普段の生活もかなり落ち着いています。 それでも時々は、少しの欲求はやっ...

断酒直後の私には迷っていたであろうこの状況。
例えばお屠蘇であったり、食前酒であったり。
こういったものも、今の私なら即座に『口にしない』という決断が出来ます。

断酒者にとって一番怖いのは、『最初の一滴』だからです。

スポンサーリンク



極度に厳格にならず、リラックスして♬

確かに、『最初の一滴』を避けることを意識している自分です。

でもあまり極度に、徹底することはしていません。
逆にストレスになってしまうといけないからです。

例えば、お漬物や何かの食材にアルコールを使用しているものもあるはずです。
そういった食材を知らずに私が口に入れてしまったとしても、気にしないことを決めています。

事前にわかっていれば、もちろんスパッと拒否しますけど・・・
知らずに食べてしまっても、そこはスルーするつもりです(^.^)

料理に目覚めている娘が最近ハンバーグやビーフシチューをつくってくれます。
そこに赤ワインを入れたりするのですが、アルコールが飛んでいることを知っているので気にせず食べていますよ。

とても美味しいです(^^)/

『最初の一滴』を確かに警戒はしているが

たとえ、チョコレートであってもアルコールが入っていれば口にすることは出来ません。

口に入れると自分の中でどんな変化が起こるのかは、正直なところわからないです。
経験がありませんから。

でも、スリップされた多くの方々は
「今日の一杯だけ。」
「このコップ一杯だけ。」
そんな気持ちから始めて、次の一杯そして翌日の一杯となっているのです。

だからやっぱり、一滴であっても口にすることは出来ません。
表現を変えると、その一滴だけを注意すれば楽しくて楽な断酒生活を送っていけるのです。

『一滴の警戒』より、はるかに大きな断酒への原動力

以前は大酒飲みだった私ですから、確かに『一滴』への警戒心は持っています。
実際、一滴を口に入れてもどうってことは無いのかもしれません。

そこはわかりませんが、最初の一滴を口にすることは決してないでしょう。
その最初の一滴が、呼び水となってしまうことは避けたいからです。
そして、断酒当初に感じていたお酒からの離脱症状を再び経験したくはないからです(^-^;

一度経験すれば十分です。

このような警戒心を持っていることは確かですが、私の断酒生活を維持させているのは警戒心だけではありません。

こちらの記事でも書いていますが、警戒心よりもずっと大きな前向きな意識です。
これが、断酒への原動力となっています。

断酒への原動力は逃避欲求?? 痛みから逃げたいという当たり前の欲求 前回の記事で私は、恐怖心や逃げの心理を原動力とした行動は出来れば避けたいと思っていることをお...

何を原動力として断酒しているのかは、この記事では書きませんので読まれていな方は是非後でお読み下さいね。(照れくさい言葉なので、ここでは言いません(^-^;)

スポンサーリンク



少しずつ去っていく娘の姿に

こうして思わぬプレゼントをくれた娘。
ですが私に箱入りのチョコをくれた後、すぐにキッチンで忙しく作業し始めました。

顔にチョコを付けながら、一生懸命溶けたチョコをかき回し誰かの為に『甘~い』お菓子を作っているのです!

土曜日か日曜日に、何かを計画しているのでしょうね(*_*;

これも時間の流れです。
私も変化しているように、娘も変化しているのです。

そういった変化も、受け入れていくことしか出来ないことを私は断酒生活を通して学びました。
「受け入れていくことしか」という表現は正しくありませんね。
むしろ、変化してくれるからありがたいのです。

変化し続ける環境の中で、新しく得られるものと自分から去っていくものを経験し続けていくのでしょうね。

そうした変化を受け入れながら、去っていくものからは大切なものだけを刻み込んでいきたい。
得られるものからは、大切なものだけを彫り込んでそして手離す時に備えていこう。

何やら溶けたチョコと一生懸命格闘してる娘を見ながら、今この時間への感謝が湧いてきました(*^^*)

口に入れると溶けてなくなる、甘いチョコレート。
そのチョコが溶けてなくなる時に得られるものが欲しくて、娘も今頑張っているのでしょう。

甘いチョコ以上のリターンをこの娘が手にすることが出来ますように。
そのチョコが溶けてなくなる時に、笑顔で包まれますように。

まとめ

アルコール入りの食材には口をつけない
知らずに口に入れても気にせず断酒を続ける
力を抜いて、リラックスしながら断酒生活を
恐怖心だけを原動力とすることは避けたい
断酒生活が豊かさを与えてくれる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です