~楽しく断酒 もっと豊かな人生を~
あなたのノンアル生活を応援します
断酒のメリット

断酒のメリットに気付かずに既に手にしているメリット

スポンサーリンク



娘の高校入学式が中止となってしまいました。
予定日の前日に電話連絡が入り、急きょ中止となったとのことです。
緊急事態宣言が出たこともありそれが影響したのでしょう。

親にとってもこんな経験はもちろん初めてですし、娘にとってもおそらく今後の人生これ程の国難を経験することは無いかもしれません。

それ程のインパクトと言ってもいいでしょう。

仕事の方も暇な時期が続いていて、めっきりと減っている貴重なお問い合わせや注文の電話にありがたく対応させて頂いている日々です。

いつもは忙しい中での電話なので、
「ちょっとは休ませてよぉ。ミスしそうだ・・・」
なんて愚痴も出そうになる時期ですが、やっぱり忙しい方が精神健康上いいものだなと再認識しています。

断酒して初めて認識できる数多のメリット

いつもなら愚痴の一つや二つ出るような状況でも、それが無くなるとありがたさがわかる。
私のような凡人にありがちなよくあるパターンですね(^-^;

あの頃の忙しさがありがたく思うのです。
自分が動いていることで、多少なりとも人様のお役に立てていること。
つまり、仕事が出来ていること。

それって、とてもありがたいものだったんだと気付きました。

体は疲れるでしょうが、精神的な健康を維持するためにも『何かの役に立っている』という感覚は大切なものだったのですね。

そんなことを言っても、状況が回復した頃にはまた同じような愚痴が出てしまいそうな凡人ですけど・・・(笑)

ですが同じように、断酒にも実際に止めてから本当に実感できるメリットって多いのですよ。

飲酒している頃には、「考えられない!」と思っていたことが実はありがたかったんだと気付くこともあったりするのです。

夕食後から就寝までの時間

これを読んで下さっているあなたが、もしまだ飲酒されているとしたらお酒を飲まない夕食後の時間ってどのようなものだと想像されますか?

きっと、
「寝るまでが退屈過ぎて何をしたらいいかわからない。」
そんなことをご想像されるのではないでしょうか?

お酒を飲まれている方は、食事の時間も長いはずです。

私もよく妻から、
「まだ食べてるの?チマチマとよくそんな長時間食べてられるねぇ。」
と呆れられてましたから(^-^;

「いや、美味しいから味わって食べてるだけ。」
と持ち上げてその日その日を過ごしていたのです(笑)

お酒を飲まなくなると、食事の時間って30分程度でしょうか。
あっという間に終わってしまいます。

お酒を止めた直後は、夕食がすぐに終了することに違和感を感じていたものです。

スポンサーリンク



今では無くてはならない夕食後のひととき

そんな夕食後の時間のありがたさを断酒後に気付くこととなるのです。

「仕事終わりの時間って、こんなにたくさんあったんだ。」
「平日の自分の持ち時間なんて知れてると思ってたけど、結構あるものなんだ。」
そのように感じている毎日です。

私の場合は、お酒止めた直後は夜の10時過ぎには眠くなることが多かったような気がします。本当の断酒直後は、眠れませんでしたけど(^-^;

2週間後くらいから、お子様のように10時を過ぎると眠くなっていたのです。
当然、朝の目覚めも早くなります。
そうすると、朝の時間のありがたさも強く感じるようになってきました。

断酒10ヶ月目に入っている今、10時に寝ることはありませんがそれでも11時には眠くなってしまいます。お酒を飲まれている方にとっては、これからっていう時間かもしれませんね(^-^;

寝る前の2時間と、朝出勤前の2時間。
お酒を止めて初めて気付いた、自分の持ち時間のありがたさです。

既に多くの宝を手にしていた

仕事が忙しいことのありがたさ。
自分の持ち時間がたくさんあることのありがたさ。

無くして気付くものもあれば、新しく手に入れて気付くものもある。

そう考えると、今この時点でも私たちは多くの『ありがたいもの』を既に手にしているのかもしれません。

ただそれが貴重なものであることに、私たちが気付いていないだけなのです。

また、『ありがたいもの』であることを知らずに、手に入れようとしていないものもたくさんあるのかもしれませんね。

無くして初めて気付くありがたさ。
出来ることなら、無くす前に気付きたいものです。

そうであるなら、今置かれている環境全てを『ありがたいもの』として受け入れていこうと思えます。

自分が気付いていないだけで、本当は今この環境も貴重なものであるはずなのです。
私たちの人生をより豊かにするための武器は、もう既に私たちは持っているのかもしれません。

スポンサーリンク



目の前にあるもの全てが宝

本来であれば、翌日から娘は新しい制服を着てピカピカの1年生として電車通学しているはずでした。

娘が小さな赤ちゃんの頃から、
「この子も大きくなって、高校の制服を着てこの家から通学する日がくるのか。」
「そんな成長した娘なんて、なんか想像できないな。でも嬉しいだろうな。」
そんなことを酔った頭で夢想していました(^-^;

そんな日が今、現実として私の目の前にきているのです。
本当にあっという間でした。
そしてこれからもあっという間に過ぎ去っていくはずです。

遠い昔に夢想していたことが、あっという間に今現在その光景が目の前にある。

今自分が夢想している、遠い先の齢を重ねた自分の姿もおそらくあっという間にやって来るのでしょう。

そして妻も老け、娘も立派な大人となり・・・

結局、人は今この時しか生きられないのですね。
今持っているもの全てに感謝して、今を活かしていきたいと感じるのです。

コロナ騒動で大変な状況ですが、そんな気付きを与えてくれています。
断酒している今、これからの時間はもっと濃いものとなって密度を増すことが出来るはずです。

全てを大切にして過ごしていきたいと思えるのです。

まとめ

突然中止となった娘の高校入学式
随分昔、娘が高校生になる姿を想像していた
時間はあっという間に過ぎてゆく
すでに持っている宝に気付けないことが多い私たち
今を生きることしかできないということ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です