~楽しく断酒 もっと豊かな人生を~
あなたのノンアル生活を応援します
断酒への心構え

仕事納めの飲酒欲求に学んだ危険な落とし穴

仕事納めの日にお酒のことが頭をチラつく

今年の年末年始は、例年になく長期連休となる予定です(^.^)

もう次はいつになるのかわからないこの長期連休に、初めての酒無し正月を迎えることになります。

事務所で大掃除を行い終礼を聞きながら今年の1年を振り返っていました。
やっぱりお酒の事が頭をチラついちゃいました(・_・;)

いつも書いているように、普段の生活ではもう飲酒欲求を感じることは殆どありません。

感覚的には月に2~3回程度、少しだけ
「飲んだら美味しいだろうなぁ。」
と感じる程度です。

当たり前ですが、1日の大変はお酒以外の事を考えています(^.^)

ところが、仕事納めの最終日は少し事情が異なりました。
断酒6ヶ月もすぐ目の前。

お正月を前に、久しく感じていなかった飲酒への欲求を感じていたのです。

お酒とのリンクが強かったお正月

私の中では、やっぱりお正月はお酒を気兼ねなく飲むことの出来る特別な時期でした。

もちろん、世の酒飲みと同様にお正月以外にもそれらしい理由を付けて飲んではいましたよ。(^-^;

ですが、やっぱり年末年始は何ら後ろめたさを感じることなく飲むことが出来ました。

妻や子供からの視線を感じながら飲むのと、
「お正月くらいいいよ。」
といった居心地の良い!?状況で飲むのとはやはり違います。

繊細な私は、周りの視線を気にせずに飲めるお正月はやはり特別でした。

そしていよいよ、成人後初のノンアルお正月へ入る直前の仕事納めの日。

周りの営業社員も、終業時間が近付くとソワソワ・ワクワクし始め携帯でお客様へのご挨拶をしている会話も聞こえてきます。

「盛り上がってますねぇ!忘年会中ですか?」
「良いお年を!飲み過ぎには注意して下さいね。」

等々、お酒をモロ連想させるたくさんの会話がどんどん耳に入って来るのです(・_・;)

大変だった1年を振り返りながら、
「今年も1年、無事に終えることができそうだな。娘が受験生でも、ちょっとくらいは家族サービスしたいなぁ。」
なんてことを考えていると、どうしてもお酒が頭をチラつくのです(^-^;

 

飲酒欲求が来ても大きく受け止めることはもう無い

久し振りに来た、大きめの飲酒への欲求。

私が勤めている会社の本社は、福岡にあります。
中洲(なかす)という場所聞いたことはありますか?
ネオンのある飲み屋街や多くの屋台のある場所です(^-^;

仕事帰りにビルから出ると、もうすぐそこに屋台が数件出てくるような立地です。

普段の帰社時には何とも感じることのないこの景色も、昨日はちょっと違っていました。
仕事終わりの解放感に満ちた瞬間の時です。

いつも素通りする屋台から出る煙も、何だか魅力的に目に映るのです(・_・;)

飲酒欲求を多少感じても無理はないですよね。

程度こそ小さいものの、最近になって結構頻繁にやってくるこの飲酒欲求。
もう今の私は、その欲求を大きく受け止めることはありません。

「また来たか。」
と近くに蚊かハエがやって来るような感じで受け止めることにしています。

少し前までは、飲酒欲求が来ると
「まだまだ、断酒生活が未熟なのかな。」
なんて気持ちが多少あったのですが、それはとんでもない間違いだったことに気付いています。

別に飲酒欲求が来ても結構ですよ~といった気持ちです。

人それぞれ、断酒6ヶ月に入る私のケースではいまだに飲酒欲求を感じているというだけです。

それ程気にかけることなく、目の前に来た虫をサッと振り払うような感じです(^^♪

昨日は、家に帰ってからも夕食後であっても少しの飲酒欲求を感じました。
ですがベッドに入り、翌朝にはいつもの爽やかな朝。

本日から休日です(^.^)
たっぷりと愛犬とのお散歩を楽しみ、そして大掃除です。

スポンサーリンク



目の前のエサを追いかけてしまう本能を知る

例えば、私の家族の一員である愛犬エア(^.^)

ご飯の前に、
「待てッ!」
というと体を微妙に震わせながら一生懸命待ちます。

可哀想なので私もすぐに
「よしっ!」
と言ってあげてしまうのですが(・_・;)

おそらく、この犬にとっては私たち人間が食事を前にして待つ行為より何十倍も辛いことだと思うのです。

5秒程度の待ち時間でも、かなり長く感じているはずです。

リトルエア
リトルエア
やっぱり、生存本能があるから待たされるのはツライヨ・・・

 

でも人間であれば、あることを考えることによってその辛さを乗り越えることが出来ます。辛さの先にあることを考えることが出来るからです。

目の前に映るエサだけでなく、更に先の一回り大きな欲求を考え比較することが出来るからです。

断酒の先にある、成長した自分。
お酒を手放すことによって、海のように深い喜びを手に入れた姿。
家族も喜び、社会への貢献度もUPしている映像。

そんなシーンを思いながら、目の前のエサをあえて避けることによって本能を乗り越える力が人にはあるはずです。

ニュートラルに本能を受け止める

本能を全否定してしまってもいけません。
ですが、本能のままに生きていくこともまた賢明な判断ではないでしょう。

私にとっては、真ん中を歩いて行くことが理想です。
ニュートラルに受け止めていくのです。

こうしてブログを書き続けて4ヶ月が過ぎると、面白いことに気付きます。
記事の内容によって、反応が異なってくることです。
タイトルで違ってくるのか、記事の内容によるのかは推測するしかありません。

ですが、お金について触れている記事には多くのアクセスが来ていたりします。

私もそうですが、皆さんやっぱりお金への魅力を感じておられるのですね(*^^*)
お酒を断つだけで、多くのお金が手元に残りますよ!

少し話はそれましたが、私たちは『お金』というワードにすぐ反応しやすい生き物なのだと自分なりに気付いたのです。

ちょうど、餌を前に走ってくる私の愛犬のように。

もしリードを外した私の愛犬が外に出てしまった時、私は彼の大好きな食べ物を手に取って
「おいでおいで。」
と叫ぶと思います。

追いかけても向こうの方が足が速いですし、事故を防がなくてはいけません。

ですから、手に食べ物を取り向こうから来てくれるよう促すでしょう。
彼の本能を利用して、私の元に来てくれるよう促すのです。

そんなことを考えた時、一つの疑問も生じます。
もし、私たちの前に『お金』がチラついていたらどうなるのだろう???

 

私たちには考える力という大きな武器がある

エサを前に簡単に引っ掛かってしまう動物を笑うことは出来ないかもしれません(^-^;

私たちだって、エサが目に映った瞬間にそれに飛びかかって行ってしまうかもしれないのです。

『お酒』というエサがチラついていたら・・・
そして『お金』というエサがチラついていたら・・・

もし私が、お酒が欲しくて欲しくてたまらない状態だったら。
もし私が、お金が欲しくて欲しくてたまらない状態だったら。

『お酒』や『お金』をチラつかせ、いとも簡単に私をコントロール出来るはずです。

過去の記事に何度か書いているように、私は自分の人生を自分でコントロールしていくことに大きな価値を置いています。

自分の責任で自分の信ずる道を歩む姿に『美』と『強さ』と『憧れ』を感じるのです。

その為には、自分自身で考える力が必要です。
信用している方のアドバイスに素直に耳を傾ける心も必要です。

虚無的になり過ぎることなく、目の前のエサに飛びかかる前に一呼吸置く思考も大切でしょう。

だから今の私にはもう、昨日のような飲酒欲求が来たとしても即座に反応して飛びかかるようなことはありません(^^)/

充実した人生を送りたいからです。
出来ることなら、多くの方の笑顔を運んでこれるような人格を磨いていきたいものです。

来年もいい年にしましょうね!

おそらく大晦日の記事でも書くとは思いますが、来年もあなたにとって素晴らしい年になりますように(^_^)/~

まとめ

初めての仕事納めの解放感を前に感じた強めの飲酒欲求
それでも自分には『考える力』という武器がある
本能的に飛びかかる前に、一呼吸置いてみる
自分の人生は自分でコントロールする
全てをニュートラルに受け止め、偏らない

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です