~楽しく断酒 もっと豊かな人生を~
あなたのノンアル生活を応援します
断酒と人生(時間)

それでもお酒を飲まない選択をする理由

スポンサーリンク



昨日は、私が勤めている職場の同僚のお話をさせて頂きました。
2~3回転職を経験してきている彼は、パワハラで退職を続けてきたとのこと。

詳しい状況まで聞くことはしませんでしたが、その時私がチラッと感じたことは、
『きっとこの職場でも同じような経験を彼はするだろう』
ということでした。


人生の好転と断酒との関係

パワハラという理由で転職を続けている彼。
きっとこれは、彼が乗り越えるべき課題だと私は思いました。
この課題を乗り越えた時、彼は心からの充実感を得ることが出来るでしょう。
そして、次のステップへと前進できるはず。

ところが、彼は退職という形でそのパワハラから避けてきているのです。

人はそれぞれその人の段階にあった課題を背負っている。
そしてその課題からは決して逃げることは出来ない。

だからいくら逃げても、それを乗り越えるまで同じような課題がやって来るはずだと私は思ったのです。

苦難、課題と呼ばれるものから逃げることは出来ない

お酒を飲む人も、飲まない人も共通していること。

それは、生きている以上は人生の途上でやって来る苦難を避けることは出来ないということです。

全ての立場の方に共通しているルールだと私は思います。

たとえ、大富豪の環境の下で育っている方であっても。
一国を担う政治家の方であっても。
そして、こうしてブログを書いている凡人の私であっても。

どんな方であっても、その方にふさわしいハードルがやって来ます。

『そのハードルを乗り越えていくために生きている』
昨日の記事で私はそのようにも述べました。

何を言おうとしているのかというと、
『断酒したからといって、苦労が無くなるといった意味でのバラ色人生がやって来ることはない』
ということです。

苦難や課題を避けて通りたいと思う時

苦難や難題からは縁のない人生を生きていきたい。
私は凡人ですから、どうしてもそんな風に考えが傾いてしまう時もあります。

こういった内容のブログを書いている私でも、気持ちは揺れるのです(^-^;
良くも悪しくも、人の気持ちって自由自在に変身してしまいます。
だからこそ、本当の意味で自分の人生をコントロールすることが大切なのでしょう。

『苦しみや悲しみの無い人生を過ごしたい。』
そのように考える気持ちは、
『楽しみの無い人生でもいい。喜びの無い人生を生きたい。』

率直に言ってしまうと、こういう事だと思うのです。
苦しみの無い人生を望むことは、本当の楽しみの無い人生を望んでいることと同義。

そのように考えています。

スポンサーリンク



お酒を止めている私の苦難

昨日の記事でも触れていますが、断酒しているからといってシロップジュースのような日々を過せているわけではありません。

一人過ごす時間を自分でつくり、そして勉強していると言っておきましょう。
そんな時間を過ごしている時でも、未来への不安や孤独はあるのです。

この時間と努力が全く報われなかったらどうしよう?
少なからず自分以外の人に私の人生が影響されてしまう今の環境。
そんな環境からいい加減、もう解放されたい。
社畜のような人生をいつまでも過ごすことはできない、でも・・・。

そんな恐怖心も襲ってくることは、しょっちゅうです。
恥ずかしいのですが、告白しちゃいました(^-^;
50代になろうとしている人間でも、こんな程度のものなのです。

だから、まだ若い方々は安心して自分の道を選んで下さい。
私より人生の先輩である方々であっても、同じような立場の方はおられるかもしれません。
結局、年なんて関係ないのですね。
人それぞれの時間というものがあるのですから。

お酒を飲み続けることの悩み

だからといって、お酒を飲み続けても楽しい気持ちを維持出来ることはありません。

努力が無駄になること程、虚しいことはない。
何かに挑戦しても、報われなかった時のことを考えると・・・
そんな気持ちから、お酒を飲み続ける人生を選択したとしたら。

先の見えない未来を前に、飲み続ける日々を過すことになるでしょう。
そんな気持ちで飲むお酒が、美味しいはずはありません。楽しいはずはありません。
飲めば飲むほどに不安になる。

そんな不安から逃れようとまたグラスに手が伸びる。

「このままで、自分は大丈夫だろうか・・・」
漠然とした不安を抱きながらまた・・・、負のループに入ってしまう苦しみです。

お酒を飲まなくても、やって来る苦難。
お酒を飲み続けても、やって来る別の苦難。

結局、人は苦難や課題からは逃れられないということです。

スポンサーリンク



それでも私は飲まない。なぜなら・・・

結局、何かを乗り越えようとする不安や苦難からは逃れられないのです。
必ず、正面から対峙して向き合う時が必要なのです。

それを乗り越えたいと決意したならば。

そこで私の出した結論ですが・・・、
『どうせ逃げられない苦労なら、未来が拓ける可能性のある苦難を選ぶ!』
というものでした。

お酒を止めた、自分の未来。
お酒を飲み続ける、自分の未来。

どちらも苦難から避けることが出来ないのであるなら、少なくとも自分の人生が拓ける可能性のある道を選ぼう。

そのように決断し、そして歩むことを決めた時。
なにかが吹っ切れて、迷いが晴れてくるのを感じました。

そうなると、まだ結果を得られていない自分なのに既に『結果を気にしない』自分もどこかにいることに気付くのです。

面白いですね(^.^)

テレワークの環境はまだ始まったばかりです。
すぐそこには、長い連休が待っています。
絶対にこのチャンスを逃さず、実り多き時間を過ごそうと思います。

皆さまも是非、良い時間を過ごして下さいね!

まとめ

苦難や課題から逃れられない私たち
人はそれぞれの時間をすごしている
どうせ逃げられない、人それぞれの苦難
であるならば、未来の拓ける可能性のある苦難を!
迷いなく前に進み、最高の瞬間を夢みて

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です