~楽しく断酒 もっと豊かな人生を~
あなたのノンアル生活を応援します
断酒のメリット

代償の法則を考えると、お酒は割に合わない飲み物だとわかる

スポンサーリンク



テレワークが始まってまだ1週間も経過していないのですが、そろそろ家族にも飽きられてきている雰囲気を感じます(^-^;

妻や娘の方も、普段は私が出張で出ている生活に慣れているのできっと何らかのストレスもあるのでしょう。

そんな我が家で役に立っているのは、先日購入したルームランナーです。
2階に置いているので、1階で仕事をしている時はちょっと音が気になりますが、それでも娘のストレス解消の役割を担ってくれています。

妻や娘もストレスを感じているでしょうが、私も色々なところへ出向いていた身なのでやっぱり窮屈感は感じてしまいます。

ほんの少しですが、
「こんな時にお酒って飲みたくなるんだよなぁ。」
と感じてしまいますね。

もちろん、「飲みたいッ」といった切実な欲求ではありませんけれども(^.^)
家にいる時間が長すぎて、お酒のこともチラッと頭をよぎったりしてしまいます。

完全にお酒が頭をよぎることの無い日は来るのかなぁと思ったりもしますが、気にせず過ごすことが出来ています(^^♪

捨てるものと得るもの

結局、『何を捨てて何を得るのか?』といった選択は一生続いていくものなのでしょう。

お酒のことだけではありません。
何かを得たいと思った時には何かを捨てなければならない。

何か新しい物が欲しいと思った時にまず考えるべきこと。
それは、その代わりに差し出すものなのかもしれません。

このことに気付いた時、
『発想の転換ってこういうことなのか。』
と感じました。

ブログの記事を毎日更新したい。
今日のお昼は〇〇が食べたい。
お酒を止めたい。

そのように、何かしらの『欲しい』ものは常に出てくると思います。
小さな『欲しい』ものは、毎日出てきますよね。
もちろん、長期戦での『欲しい』結果や目標もあるでしょう。

そのような『欲しい』ものが自分の中で生まれてきた時に、条件反射のように
「この欲しいものの為に、何を手放そうかな。」
と考えてみる癖をつけるのです。

これは、欲しいのもをゲットするための大きなコツであると思います。

手放す(与える)ことが出来るものは何か?

ブログの記事を毎日更新したい
⇒ 常に記事の事を考えるようにして、他は考えないようにしよう

今日のお昼は〇〇を食べたい
⇒ ダイエットしているが、今日はダイエットの意識は手放そう

お酒を止めたい
⇒ 友達との付き合いや、仕事上でのお酒の席を捨てよう

まずは、その為に支払う代償から考えてみる。
そんな思考ゲームを最近、自分の中だけでしています。

得るものと同時に失うもの。

自分の手元から離れていくものを考えれば、得たいものが手に入ることになる。
与えられるものは何かを先に考える。
その方が、逆に欲しいものが手に入りやすいのかもしれません。

冒頭で、お酒のことがチラッと頭をかすめることを告白しました(^-^;

その時にとっさに考えたことは、
「このお酒への欲求を手放すことによって、得られるものは何か?」
といったことでした。

新しい思考ゲームを手に入れているようで、楽しい気分になれています。

スポンサーリンク



何かが欲しい欲求が出てきたとき

例えば、「喉が渇いてお水が欲しい。」となった時。

「水を飲むことを捨てて、代わりに得られるものは何だろう?」
と考えてみるとします。

  • 後で飲むことによって、より美味しく飲める感覚を得られる。
  • 水を買いに行く時間が浮くから、クレーム対応が今すぐできる。
  • 今でなければ、後で冷えた炭酸水が飲める。今だと普通の水しか飲めないetc…

得られるものと捨てるべきものを天秤にかけて、水を飲むかどうか選択すれば良いのです。

では、「今の仕事を辞めたい。」という欲求に対してはどうでしょう?

「仕事を辞めるという選択を捨てて、代わりに得られるもの。」
を考えてみます。

  • 今まで通りの安定した収入が得られる。
  • 慣れた環境での職場で、腰を据えていこうという覚悟が得られる。
  • 今の仕事だけに意識をフォーカスする環境を得る。

辞めた後の世界と、辞めたい欲求を捨てた時に得られることを考えて判断材料としてみるのです。

お酒が飲みたくなった時

「お酒が飲みたい」となった時。
その飲酒欲求を捨てた時に得られるものは一体何でしょうか?

お酒を飲むことを諦めた時・・・

夕食後のいつものノンアルの時間を確保できる
経済的に豊かになれる
明日の爽やかな朝が手に入る
飲酒欲求を乗り越えたという小さな成功体験
自分自身への信頼と自信etc…

まだまだたくさんありますが、メリットだらけであることが改めて確認出来ますね(^.^)

そう考えると、お酒って確実に割に合わない飲み物であることがわかります。
もちろん人にもよりますので、1~2缶で満足できる方はまた別でしょう。

量や頻度のコントロールが難しい私なんかは、お酒を捨てることによって受けるリターンが
膨大なのです。

止めた時のインパクトは、大きいものであることを改めて感じます。

スポンサーリンク



手に入れることよりも、与えられるものを先に考えてみる

当たり前のように幼いころから身に付けていた『思考の順番』を意識的に変えてみるだけでも、思わぬ効果が期待できるかもしれません。

「これ欲しいなぁ、あれ欲しいなぁ。」
といつも欲しいものが先に頭に浮かんできますよね?

それが当たり前だと思います。

今の自分なんて、
「コンビニ行って、チョコ買おうかな。チョコ食べたいなぁ。」
と自分の鼻近くに発生した吹き出物を気にしながら思っています。

そんな時に、得たいものではなくその為に支払う代償を先に考えるのです。

チョコを得るために支払う代償・・・
ブログ記事が中断してしまい、流れを止めてしまう代償。
吹き出物が更に発生してしまうリスクを負う代償。
ダイエットに悪影響??

こうして代償を考えると、記事作成の中断は犠牲にしたくないと思います。
吹き出物とダイエットは別に気にしません(^-^;
なので、数時間後にコンビニに行くことにしました!

今の自分に与えられるものは何か?
それを考えると、得られる可能性のある代償もクリアになってくれるのかもしれません。

まとめ

捨てるものと得るものの選択はずっと続く
選択の連続が、勝敗を左右するとも言える
日々、選択の連続・勝負の連続とも考えられる
思考の順番を少し変えるだけで、新鮮な発見がある
お酒を捨てる選択は、リターンがとても大きい

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です