~楽しく断酒 もっと豊かな人生を~
あなたのノンアル生活を応援します
断酒な日常

生き残りの時代を断酒生活で飛躍する

スポンサーリンク



もう連休も終盤に入りましたね。
今年はいつもと違って特殊ではありますが・・・

私にとっては、初めてのノンアルのゴールデンウィークでもあります。

いつもであれば、
「連休だから、朝から飲んじゃおうかなぁ~」
と言いながら、プシューとやっていた時期でした(^-^;

今回の連休からはもちろん違いますよ。

天気も良く、愛犬とのお散歩から戻って
「今日は奮発して、朝一で炭酸水を飲もうかな。」
と連休の間は、箱買いしている炭酸水の減りが早くなっています(^.^)

お手洗いが近くなるという共通点はありますが、こちらの方は何本飲んでも頭は正常のままです。映画鑑賞を楽しみながら、作業もはかどり心地よい疲れも感じます。

妻も娘も、のんびりと自宅でお昼寝をしている間は作業がはかどる時間帯です(*^^)v

「なに?ずっと起きて、何かしとったと?」
「よくまぁ、飽きんでずっと座っとけるねぇ。」

なんて、寝ぼけ眼をこするお二人に言われてしまいました。

「もう少し我慢」とよく聞くけれど

大変な思いをされている方々が多い時なので、あまり軽々しいことは言うべきではないのですが、ちょっとのお散歩でもいつもと違う連休であることを感じます。

人も少なく、公園もマスク姿の親子たちが距離を取りながら意識して遊ばれていることがわかります。

特にお子様たちにとっては、ずっと外に出られないのは辛いことに違いありません。
マスクしながら、ジョギングをしている姿をよく見ますね。
いつもであれば、留守にされているお家ばかりなのですが今年はどのお宅も駐車された車ばかり。

午後のニュースを見ても、
「緊急事態宣言が解除されるまでの我慢、もう少し自宅で我慢。頑張りましょう。」
といったようなことも聞かれます。

「外で動き回りたいでしょうが、頑張って自宅で我慢して下さい。」
ということを伝えたいのでしょうね。

好きな時に外出できないので、ストレスのたまりやすい状況であるはずです。
でも、今年の私に限っては全く『我慢』の時間ではありません。
むしろ、ありがたい貴重なお時間だと感じています。

価値の変化が起こる時代に

 もちろん、勤めている会社の状況はとても心配です。
当然、私自身の収入にも直結してしまうくらいの状態です。

現状の雇用すら不安に感じている社員の方もきっといるはずです。

電話や問い合わせが激減してしまっている状況なので、私も身をもって
「これはマズいな。」
と実感します。

完全に赤字へと入っているので、『どこまで耐えられるのか』といった感じです。

もう会社に頼ることは危険。
会社すら生き残りへの道を必死で模索している今です。

もしあなたが会社員であるならば、会社が生き残る道を取れるように尽力を尽くすのは当たり前のことです。

そしてもう一つ。

あなた自身の力をつけて、価値を高めることも考えるべきだと私は思います。
既に、サバイバルの時代に入っている。

「最悪の状況を想定しながら、それに備えるべき時に今はあるのかな」
と、ノンアルの私の頭はそんなことを考えています。

スポンサーリンク



肩書の価値が無くなる時

この連休に過去の大河ドラマ『龍馬伝』を観ていることをここ最近の記事で何度かお伝えしています(^-^;

その影響を受けているのか、
「もう肩書の価値が急速に無くなっていく時代になるだろうな。」
そんなことを感じてしまうのです。

龍馬ではありませんが、
【肩書なんて、太平の世の飾り物に過ぎない】
そのように感じます。

上士であろうと、下士であろうと、大殿様であろうとも、同じテーブルに座る時代がすぐそこに来ている。

意見の相違があった時に、
『何が正しいのか』ではなく、『どちらの意見の肩書が上なのか』
で選ぶような組織はもう必要無くなるということです。

そんな思考力の無い組織が、人の気持ちを掴み需要を見極めることはもう出来ないでしょう。

私自身、今まで社会の仕組みである会社組織に依存し過ぎていたことを痛切に感じています。お酒を止める時期がもう少し早ければと、感じているくらいです。

精神的な脱藩

だからと言って安直に、
「今勤めている会社を退職すべし」
と勧めるつもりは全くありません。

でもやっぱり、どっぷりと依存し過ぎるのはとても危険な生き方になることもまた信じていることです。

否が応でもサバイバルする力が必要とされるようになるからです。
その為には、『精神的な脱藩』が必要なのかもしれません。

精神的な脱藩とは、自分を頼りとして生きていく道を探すことです。

自分を頼りとする為には、考えることが必要になります。
考えて正しい道を選択できるようになるためには、正しいインプットも必要です。
そして何より、アウトプットし続けること。

人が集まり会議室で長時間お話しているだけで仕事をしたつもりになっているようだと、もう長くないでしょうね。
上司の意向がつかめている時だけ会議で元気になるような人材も、もう完全に取り残されるでしょう。

大切なのは、自分の考えとそれを自分で検証していける習慣。
ビジネス風に言えば、PDCAですね。個人のPDCAです。

こんなことを考えていると、本当にお酒で時間を浪費している場合ではないことを感じてしまいます。

スポンサーリンク



楽しい時代がやって来る

個人的なPDCAを考えると、一番難しいのはC(チェック)の部分です。
自分で自分のことを検証するところが、一番つまづきやすいところですね。

私であれば、
「今日の作業は、正しく行えているのか?」
「ブログを書くには書いているけど、本当に喜んで頂けているのだろうか?」
そういった検証を正確に行うことは、本当に難しいことです。

だからメンターとか、先生のような存在を見つけることも必要かもしれません。

と、今日は色々と不安をあおるようなことばかり書いてしまいました(^-^;
平凡な中年の戯言と思って下さい。

私もこの先、どんな時代になるのか皆目見当はつきません。
もしかしたら、しばらくしてまた元の秩序へと戻っているかもしれませんから。

少なくとも、私個人としては『楽しさ』を感じています。
思考によって、依存精神から少しずつ脱却しつつある自分を確認出来ることが楽しいのです。

お酒やめて1年足らずでも、ここまで思考できる人になっているんだなぁ。
と他人事のように自分を観察しています(^.^)

ノンアルの皆さま、今この時期が大きく差をつけられる絶好の時ですよ!
過去の自分を乗り越えて、大きく前進していきましょうね(^^♪

まとめ

ノンアルの私たちにとって、今は大きなチャンスの時
肩書や外の力に寄りかかっているタイプには厳しい時代
精神的な脱藩をして、自分を頼りとする
お酒への依存から脱して良かったと思う
ある人には厳しく、ある人には楽しい時代が待っている

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です