~楽しく断酒 もっと豊かな人生を~
あなたのノンアル生活を応援します
断酒後の変化

断酒後の食生活の変化

飲酒していた頃の方が食べていた自分

時間はかかっていたが多く食べていた

断酒されるとほぼ全ての方に訪れる共通の変化かもしれませんが、食事の内容が変わっています(^^♪

前は、夕食が終わるまでに結構な時間を費やしていましたね。

よく妻から言われてました。
「いつまでも、いつまでもよく少しずつ食べれるよね。」
と、時には嫌味っぽく、時にはあきれた口調でした(^_^;)

食事を楽しむというよりも、どちらかと言うと早く酔いたく、長く酔っていたい気持ちが強かったです。

もっとも、本当の酒飲みからすれば
『“酒そのもの”の味を楽しみたいからおつまみはいらない。』
となるみたいですね(^_^;)

お酒飲んでる当時は、そのようなことを言われる方を
「通だなぁ。なんだかカッコいいなぁ。」
と感じていましたが・・・。

思っているほどカッコいいことではないかも・・・(^-^;

私の場合は、そこまでなかったです。

ビールやウイスキーを飲んでましたが、ウイスキー自体を美味しいとは正直思えなかったことの方が多いですね。

ただ、酔いたいだけ。酩酊したいだけ。寝る前までの一瞬の時間をポワ~とした気分でいたいだけでした。

「なんて、無駄な時間だったんだろう。自分の人生の一部だったのに。」
と今は痛切に感じています(・_・;)

ウイスキーと少量のチョコレートで、通っぽく飲まれている方をみると昔は
「本当の酒好きなんだ。カッコいいな。タルの香りも楽しんでるのかな?」
などと、感じてた自分が懐かしいですね。

今は、真逆です。

そんな風にならなくて良かったと今思っています(^.^)

食べる量は昔の方が多い

ちなみに、「お酒飲むときにおつまみは必要ない」と言って飲まれる方。

依存症への近道みたいですから、ご注意下さいね。

いまだに誇らしげにそのようなことを言っておられる方もいるかもしれませんが、本当に依存が強くなってしまってからだと、自分だけの問題ではなくなってしまいますので。

私はその意味では、『根っからの酒好き』ではなかったのでしょう。

ビール飲みながらでも、何か食べるものは必要でした。

というよりも、今になって思うのですがお酒を酔うために飲んではいましたが『美味しいもの』として飲んでなかったような気がします。

特に、ウイスキーはそのまま飲んでも美味しいとは思えなかったです。

効率よく酔えたので、ビールの後に飲んではいましたが(*_*;

ビールについては、美味しいと感じてはいましたがもしかしたら軽い洗脳だったかもしれません。

ビールから他のお酒に移る目安が、『苦い』と感じた時でしたね(^-^;

結局、お酒をたくさん飲む為に食べていたのです。

カレーライスが好きな私は、夕食がカレーだった時は一通りお酒飲んだ後でお皿にお米を足して食べてましたから。そりゃ、中年太りも無理ないですね(^_^;)

スポンサーリンク



今は食事の量が減ってきている

現在の私は、夕食にかける時間も30分程度でしょうかね。

サラダとご飯とおかずとお汁もの等、一般的な食事で中学・高校生時代を思い出すこともあります。

こんな夕食でも昔は、楽しみにしてたんだよなぁと断酒直後は感じてました(^^♪

そして、飲酒してた頃みたいに空腹状態を意図的につくることもしなくなったので、食べる量も減ってきています。

昔は空腹状態で、ビール流し込むのが好きでした。酒飲みだったあなたならわかりますよね?この感覚(^-^;

前日の夕食も少しだけ抑えた方が、翌朝の調子がいいことにも気付きだしました。

気持ち夕食を減らした方が、翌朝の胃の調子が違って体調が良くなるみたいです。

こんな生活があと数ヶ月続けば、苦労することなくダイエット実現出来るかもと期待しています!

断酒生活って、メリットばかりです(^^♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です