~楽しく断酒 もっと豊かな人生を~
あなたのノンアル生活を応援します
断酒への心構え

飲酒欲求はいつまで続くのかわからないけど、もう恐怖は感じない

今これを書いているのは2020年の大晦日ですが、記事のUPは2021年になってくると思います。

年末年始は、やっぱりお酒に意識が向いてきちゃいますね(^-^;

2020年は僕にとって、まるまる1年完全にノンアルを通した年となってくれそうです。

まだ今年もあと5時間程残っていますけど、自宅には飲むことの出来るアルコールもありません。

お風呂にも入ってパジャマ姿なので、買い物にも行こうとも思えませんからね(笑)

それにしても、2020年は激動の年でしたね。

全世界に影響を及ぼす出来事が起こった年だったことはもちろん、僕自身の小さなの生活の基盤すら揺らいだことを実感した年でした。

2021年がどのような年になってくれるのか?
台風が来ているかのような時代ですから全く予想もつきません。

ただ何となく僕が感じていることは、どんな世の中になろうとも昔のような環境が再び戻ることはないだろうということです。

「早く、元の状態に戻って欲しい」
そう願っている方は多いとは思います。

でも僕はどうしても、昔のような環境が戻ってくれるとは思えないのです。

時代は確実に変わっています。

どんな世界が待っているのかはわかりませんが・・・

安定期を過ぎた乱気流の時代を感じる今、お酒を止めてて良かったなぁと思えます。

「本当にいいタイミングで、お酒を止めたなぁ。自分って、運がいいよね。」
しみじみとそう感じるんですよね。

もちろん意識したタイミングではありませんでしたが、やめるべき時にやめたんだなぁと思えるのです。

継続する断酒生活で、敏感になる感覚

普通にお酒を飲んでいれば何となく楽しい気持ちになりながらも、もう何も考えたくなくなって寝てしまうだけですからね。

「何か世の中は大変そうだけど、取り合えず今日はもう寝ようかな」
僕ならそんな感じで、考えることがわずらわしくなってしまうでしょう(汗)

ノンアルだから、感覚も敏感にならざるを得なくなってしまうんですよね。

特にお酒を飲んでいた方がアルコール無しの生活を続けていくと、このことを感じる方は多いのではないでしょうか。

普段から飲まない人はそれが当たり前のようになっているでしょうけど、僕たちはお酒を飲んでいた頃の感覚との比較ですからね。

楽しい生き方は自分で考える。
満足できる人生は自分で考える。

お酒で埋まってしまっていた『フワッっとした時間』が形を変えて全て自分の手元に入って来るのです。

年末年始にお酒のことがチラついている

冒頭で正直な気持ちも書きました(^-^;

やっぱり、お正月になるお酒のことを考えてしまいますね。

「お正月くらいは・・・」
なんて思考がどうしてもチラッと頭に浮かんでくるのです。

年末の大掃除でクタクタになった後は特にそうです。

公平に言えば、強烈な欲求でもありません。

でも、大掃除の後で飲んだ一杯の美味しさとホッとした気持ちもまた記憶から消すことって出来ないものなんです。

「あぁ、これで1年が無事に終わったな。」
そんな時の一杯はまた格別なものだったですね・・・。

断酒1年が過ぎても、こんな記憶って戻ってくるものなんですね(^-^;

でも・・・、

そんな過去の記憶に悩まされることはあっても、今の僕には強力な武器を持っています。

それが先程書いたように、自分で考える力なんです。
断酒生活を過ごしながら、育ててきた新しい武器です。

切り離そうとしても無駄であること

結局、『外から入れるか、内から生み出すか』ということなんですよね。

楽しい気持ち、ホッとした気持ち、気持ちいい感覚。

そういったものをアルコールを摂取することで得られていた僕です。

でも今は外部からの摂取ではなくて、自分の内側から生み出せばいいやと考えることにしているのです。

そうすると、不思議ですけど自分の中から

「あぁ、今年もいい1年だった。ありがとう。」
そんな気持ちになれるものなんですよね。

正月らしい時間を過ごせて、満足な気持ちで満たされるのです。

楽しさや満足感って、自分でつくり出すことができるもの。

そのことを身をもって知る事ができているのです。
これって、大きな武器だと思っています。

『飲酒への記憶を消すことは出来ない。欲求も無くすことは出来ない。』

そんな前提を受け入れることで、逆に襲ってくる敵(?)との付き合い方が上手になってくるのです。

抑え込もうとすると強くなる存在感

空気の入ったボールを水の中に沈めて隠そうとしても、反発力もまた強くなりますよね。

抑え込もうとすればするほど、水面上に浮き上がろうとする力もまた強くなってしまいます。

それって、この飲酒欲求というボールしか見ていないからそう感じてしまうのですね。

ボールだけをみて、それを必死で抑え込んでしまおうとするから余計に向こうの力も強く感じてしまうのです。

相手の力が強い訳ではなくて、自分が強くしてしまっているんです。

そんな時に必要なことは、
『沈めよう、隠そう』
とすることではなくて、逆の方向にあるものに目を向けることです。

逆の方向って何?

そう思われることでしょうね(^-^;

この時に僕がイメージしたのは、シーソーでした。
大掃除している時に浮かんできたイメージなんです。

逆から攻める考え方で乗り切れる

シーソーって、こっち側とあっち側の両方が無ければ成り立ちませんよね(^.^)

そしてこっち側が沈めば、あっち側が浮上します。

沈む方を抑えようとする必要はありません。
向こうの方を浮き上がらせようとすればいいんです。
向こうの方へ意識を持っていけばいいわけです。

『飲酒欲求』がこっち側だとしたら、あっち側にあるのは『断酒による人生好転』の姿です♪

欲求を沈めようとするのではなくて、自分で描いている人生好転の姿を浮上させてあげれば自然と欲求の方は沈んでくれるもの。

そんなイメージが浮かんできたんですよね。

片方の方を切り離そうとすると、シーソーではなくなってしまいます。
もしくは、小さなシーソーができて再び両方の側面が誕生するだけです。

両方とも必要なものなんですね。

必要なものとして受け入れようと思ったんですよね。

そしてそれを利用すれば、人生を更に向上させることができるのです。

力で抑えようとせずに、軽い気持ちで向こう側の方を浮上させるだけです。

2021年も断酒で人生好転です♪
自分の人生を劇的に変えてみせますよ!

ここまで読んで頂いた読者さんたちの1年もまた素敵なものとなりますように。

一緒に断酒の2021年を楽しく過ごしていきましょうね(^^♪

 

今日のまとめ

年末年始にやって来やすい飲酒の記憶
そんな記憶でも無理に消そうとしない
飲酒欲求も人生の好転に利用できる
抑え込もうとはせず、ダンスをするように活用する
ノンアルの1年は素晴らしい1年でした♬

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です