~楽しく断酒 もっと豊かな人生を~
あなたのノンアル生活を応援します
断酒と人生(時間)

断酒ロード:コントロールする側?される側?

断酒ロードを走る車

断酒ロードという名の道を走っている1台の車があるとします。

車はあなた自身です。
いや、正確に言えば車を運転している方があなた自身。

車はあなたの手や足、肝臓やその他器官、あなた自身をつくっているパーツです(^_-)-☆

ハンドルは脳ですかね。
右に行ったり、左に行ったり向かうべき方向を指示している役目を担っています。

断酒ロードを走りながら、運転しているあなた自身はその車をどこにでも進めることが出来ます。

道の途中で、色々な誘惑や障害があるかもしれません。

雰囲気の良いバーや、日本風の居酒屋さん。

そこに立ち寄るのも、素通りするのも運転者であるあなた次第。

あなたの車ですから、あなたがコントロールすべきものであり他の何者にも運転させるべきではないはずです。

あなたの車なのに、行きたくもないところへ運転されて連れて行かされることを望まれますか?

他の誰かにあなた自身を運転してもらい、目的地まで進めてもらうことを望まれるとしたら・・・。

それは、例えて言うと自分が楽しんでいるゲームのコントローラーを誰か他の人が持っていて他の方がそれを操作しているようなものです。

自分の指示通り動かしているつもりでも、実は他の方がコントローラーを握っているのです。

あなたの車なのに・・・

自分の車を運転出来ているか?

突然の変な例え、困惑されましたか? こんにちは! エアです(^_-)-☆

『お酒に人生を支配される』って、どういうことかなと一人で考えていた時にこのような例えが思いついたのでつい書いてしまいました(^_^;)

今の私、自分の車をしっかりと運転出来ています!(^^)!

運転者である私が立ち寄りたくないと思っても、車が言うことを聞かずに居酒屋さんへ向かってしまう・・

なんてことが昔はありましたが、そのようなことは今はもうありません。

本音の本音の部分では飲みたくないと思っていても、車の方がお酒を欲求してしまいアルコールで目隠しされてしまうようなことが前はあったのです。

自分でコントロール出来ている?

大切なのは、あなた自身が明確な意識で運転出来ているかどうかという部分です。

しっかりとした意志を持ち、あなたが車をバーに向かわせそしてお酒を楽しむ。

そして、酔いから覚めた後で再び車を走らせる。

あなたがあなた自身の車をしっかりと運転出来ているのであれば、お酒を飲む為に立ち寄ることもあなたの意志です。

あなたの尊厳であり、あなたの権利ですから何の問題もありません。

ただ、肝心の運転手が二日酔いであったり酩酊していたりして正常な判断が出来ないケースも少なくないと感じるのです。

たとえ、あなたがそれを自覚していなかったとしても。

現実では、酒飲み運転は許されることではありませんよ。念のため。
今は例え話をしておりますので<m(__)m>

日常生活において、正常な判断が難しい状態の時でもあなた自身の車を運転してしまい、『人生ロード』を走ってしまうことがあるのです。

飲んじゃいけないと思っているが、お酒に手が出てしまう。
飲むと後悔することがわかっていたが、缶ビールを開けてしまった。

運転手(あなた)の意思と車が進む方向が違ってしまう現象と言えますね。

スポンサーリンク



進むべき道は自分で選ぶ

 飲んだらダメだとわかっているうちは、まだマシかもしれません。

さらに依存が進んでくると、きっと飲んだらダメだという運転手の声すら聞こえなくなってしまうでしょうから。

そして、自分の意志で飲んでいるつもりだったのに実はコントロールされていた・・・
というケースも多くあるはずです。

自分の意志が明確な時に、一度進むべき道をクリアにされてみてはいかがでしょうか。

『飲みたい』という欲求は置いておき、
飲むべきか? 飲まないべきか? 飲むことを選ぶか?
今は飲むけど先で止める道を選ぶのか?

欲求と自分の進みたい道は別であることも結構あります。

自分が行くべき道を決めておくのです。

『断酒ロード』を走っている自分

私は今、自分の意思で断酒への道を選んでいます。

他人はコントロール出来ません。自分の子供ですら、コントロール出来ません。

でも自分自身であれば私が100%コントロール出来るし、又そうであるべきだと思っています。

そして、他人は私をコントロール出来ないのです。
コントロールさせたくもないです(*^^*)

断酒ロードを自分の運転でドライブしていますが、その先が明るいことが自分にはわかります。
少なくとも、飲酒習慣を続けていたままの未来と比較すると全くの別世界であることを確信しています。

途中、冷えたビールの看板があってもしっかりとハンドルを保ち素通りしていくでしょう。

お酒に依存してしまい、コントロールされてしまうことを望んではいないからです。

思わず、誘惑に乗ってしまいそうな時もあるかもしれません。

手が勝手に、居酒屋さんの方向へ向かってしまうかもしれません。

そんな時は、もう一度静かな気持ちで『問いかけ』をしたいと思います。

エア
エア
ねぇ、リトルエア。本当にお酒を飲みたいの?
リトルエア
リトルエア
不覚にも手が勝手に動いたけど、飲まない方がいいよ。このまま素通りして、今日も1日小さな勝利を味わおうよ

そんな声が聞こえてくるかもしれません(*^^*)

あなたの車の目的地はどこですか?

断酒によって、習慣も変わり生活も変わります。何度も言いますが、人生好転に向かいます。

是非、あなた自身の運転手に安全運転で『断酒ロード』を走っていくよう伝えてみて下さい(^_^)/

きっと、あなたの本心も喜んでくれると思いますよ。

断酒1年後の自分は、どんな場所にいるのかなぁ?

と楽しみにしながら私も進んで行きます(^_^)/~

色々な変化を楽しめる、断酒生活っていいですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です